文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
離島・へき地の医療

しますけっと団要綱

第1条(目的)

の要綱は、長崎県離島・へき地医療支援センター(以下「支援センター」という。)が、離島・へき地診療所の勤務医師が不在となる場合に要請を受け、支援センターに所属する医師を派遣し、離島・へき地医療を確保することを目的とする。

第2条(派遣先)

派遣先は、離島振興法第2条第1項に定める地域又は長崎県医療計画に定める離島・へき地に所在する市町若しくは長崎県病院企業団(以下「市町等」という。)が開設する常勤医師がいる診療所とする。

第3条(派遣事由)

市町等が派遣要請できるのは、当該診療所が所在する地域の拠点病院が派遣できない場合であって、当該診療所の常勤医師が学会出席、研修、厚生休暇、忌引き、急病、入院等により不在となる場合とする。

第4条(派遣期間)

派遣期間は、原則として連続する5日以内とする。
但し、これによりがたい特別な理由がある場合は、この限りではない。

第5条(派遣協定)

支援センターは、医師の派遣を希望する市町等と、長崎県離島・へき地医療支援センター代診医等派遣協定書(様式第1号(以下「派遣協定書」という。))により、当該市町等と協定する。

第6条(派遣手続き)

医師の派遣を要請しようとする市町等は、医師派遣申込書(様式第2号)により原則として、派遣を希望する初日の1ヶ月前までに、支援センターへ申し込むものとする。
但し、支援センターが特にやむをえないと認めた場合はこの限りではない。

第7条(派遣の決定)

支援センターは、前条の申込を受け、医師の派遣ができる場合は医師派遣決定通知書(様式第3号)により市町等に通知するものとする。

第8条(変更・取消)

前条で決定された内容を変更若しくは取り消す必要が生じた場合は、市町等は速やかに医師派遣(変更・取消)申込書(様式第4号)により支援センターへ申し込むものとする。

第9条(派遣費用等)

市町等は、派遣に要した費用として、派遣協定に定める額及び派遣に要した旅費を実績に応じて、派遣業務完了月の翌月末日までに派遣医師に支払うものとする。
但し、これによりがたい特別の事情がある場合は、このかぎりではない。

第10条(実績報告)

市町等は、第7条による派遣を受けた後、速やかに医師派遣実績報告書(様式第5号)により支援センターへ提出するものとする。

第11条(その他)

この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附則
この要綱は、平成18年4月21日から施行する。
この要綱は、平成22年4月1日から施行する。
この要綱は、令和2年3月26日から施行する。