文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
キャリア形成支援

専攻医の声

2018年度

病理診断科 松岡 優毅

出身大学
佐賀大学
卒後
3年目
初期研修病院
嬉野医療センター

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

大学プログラムに則って病理医として研修をスタートのは私だけであることもあって、プログラム責任者をはじめ各施設の先生方にも気軽に相談できる環境で、自分の希望に沿った研修を行うことができています。現在は初期研修もさせていただいた嬉野医療センターで後期研修していますが、臨床側には初期研修で指導いただいた先生も多く、非常にコミュニケーションがとりやすく、病理診断に集中できる良い環境です。 また、外勤先でもいろいろな先生方に切り出し・診断に関して指導していただき、嬉野医療センターでは見ない症例も検討でき日々スキルアップできています。 HPなどでは伝わらない良さがきっとあると思うので、希望の診療科(もちろん病理を志してもらえるとなおうれしいですが)は、直接見て聞いて感じて決めると良いと思います。

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

自分がやりたいことの意思表示がしやすい環境です。家庭との両立も親身になって考えてくれる点。

腫瘍外科 木谷 聡一郎

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
済生会長崎病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

腫瘍外科ですが,自由の中にもしっかりとした規律があり,熱意があればその気持ちに応えてくれる医局だと思います。腫瘍外科は,呼吸器外科,胃・食道外科,大腸・肛門外科,小児外科,乳腺・内分泌外科,肝胆膵外科等がありますが,専門分野を100%自分の意志で選ぶことができます。また,海外留学,国内留学も行きたければ,行くことができます。仕事に関しては,少しでも気になることがあれば,上の先生に質問しやすい状況にあります。3年目ですが,執刀させていただくことも多く,満足しています。手術が好きでうまくなりたいと思う人は,男女問わず,外科に一歩足を踏み出してみてはいかがでしょうか。

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

手術が好きで上手くなって人を救いたいという気持ちで外科に入りましたが, 研修医の頃と比べてずっと外科にいれるというのはやはり最高です。 プログラムとしても長崎大学病院のみで外科専門医をとれるようになっており, 足りていない症例があればとれるようになっているのでその点でも心配はいりません。

放射線科 志方 真妃

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎医療センター

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

症例も多く勉強する時間がたくさんあります。指導医も多くて基本的なことから専門的な事まで学べる環境が整っています。 医局の雰囲気がとっても良いです!

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

関連施設がほとんど長崎県内で、症例数の多い病院ばかりであること。

整形外科 向井 順哉

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
岸和田徳洲会病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

医療従事者に共通する事は自身が関わる人に幸せになって欲しいという希望であると思います。整形外科において、その実現方法は健康寿命をのばす、機能回復などがあげられます。 歩行に苦痛を感じ家に籠っていたが、疼痛が軽減され、散歩を楽しめる様になり、その結果気持ちは前向きに、身体も強くなった。今まで動くことが当たり前だった腕が突然の事故で使えなくなりこのままでは家族を養うこともできない、しかし手術をすることで仕事に従事できる、子供を抱ける様になった・・・とても素晴らしいことではないでしょうか?整形外科というともちろん手術をイメージされると思いますが、それは一つの方法であり、その根本は携わる人の生活、家族、人生と対峙し、そして皆がハッピーになる力添えをしたいといった心です。 こういった事に自分の一生をかけて熱く取り組む事ができる、それが整形外科です。

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

整形外科は多様な分野があり、それぞれ専門性が高いという特徴があります。それらをまず大学で一通り経験、学習し、その上で実践する場としての大学以外の病院があり、その後最も能力を発揮できる分野を突き詰められると考え選択しました。

産婦人科 永田 幸

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎大学病院、佐世保総合医療センター

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

産婦人科は産科、婦人科と診療内容は多岐にわたり、自分の興味がある分野を とことん追求することができます。 当科の特徴は何と言っても、出産に立ち会う際の感動と充実感です。 それは何物にも代えがたく、産婦人科になってよかったと毎回思わせてくれます。 自分が分娩で関わった子供達が未来を創っていくという、産婦人科でしか味わえない 命のバトンを一緒に繋ぎたい人は是非産婦人科に触れるところから始めてみませんか?

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

私は専門研修プログラムを選ぶ際、産婦人科としてあらゆる分野を満遍なく 学んでいきたいと思っており、このプログラムならそれができると確信し選択しました。 それは、長崎大学病院産婦人科には婦人科、産科、生殖とそれぞれの分野に specialistがいるため、どの分野も多くの症例を経験できるからです。 実際に働いてみても、困ったことがあればすぐに相談でき、豊富な手技も経験でき、 日々成長を感じる事ができています。是非、選択してみてください。

形成外科 小橋 啓太

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
嬉野医療センター

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

形成外科では直接命に関わらないような手術も多くありますが、例えば唇裂口蓋裂などの先天奇形の手術は、患者さんの人生を大きく左右するものです。術後に患者さんの満足した姿を見られた時には、形成外科医として大きな喜びを感じます。また、個人によって身体的形態は大きく異なるので、形成外科には定型手術は多くありません。最新の知見に触れ、常に最善の治療方法を模索しながらの診療なので、毎日が非常に刺激的なものです。

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

長崎大学形成外科は歴史が非常に古く、九州外にも多くの関連病院を有しています。様々な地域で医師として働けることは、見聞を広げることができると同時に単純に楽しそうであると感じました。また、人間関係などで不必要なストレスのかかる職場で働くことは、医師としての成長の阻害になると考えています。医局自体の雰囲気が非常に良かったことも、本プログラムを選択した理由の1つです。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 吉田 翔

出身大学
佐賀大学
卒後
3年目
初期研修病院
国立病院機構 佐賀病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

耳鼻科を選んだ理由はマイナーでありながらも外科的、内科的なもの両方兼ね添えているという点で選びました。また自分が難聴で経験していることを患者様の役に立ちたいという理由もあります。

Q.この専門研修プログラムを選んだ理由は何ですか?

初期研修医プログラムの時から指導がしっかりあり、手術や処置なども積極的に担当させていただきました。初期研修医で気管切開術の執刀をさせてもらえるとは驚きました。様々な経験を早くから積むことができ、一日でも早く成長できると思い、この専門研修プログラムを選びました。入局後も変わりなく熱血な指導の上で毎日充実した日々です。また修練医、後期研修医の先生方向けの週1の勉強会もあり、さらにスキルアップを磨いております。

2017年度

総合診療科 長郷 彰雄

出身大学
旭川医科大学
卒後
6年目
初期研修病院
諫早総合病院

総合診療科は国内ではまだ歴史の浅い新設の科です。現段階では専門性の高い日本の医療の中であり方を模索していますが。初期研修病院でのホスピタリストとしての在り方や、複数の疾患がありながら明確なメインとなる臓器別疾患がない方の診療などを行う立ち位置に魅力を感じて入局しました。プライマリケアからホスピタリスト、大学などでの原因不明疾患の検索など、一次~三次までの多様な在り方も総合診療の魅力だと思います。

消化器内科 松尾 諭

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎大学病院・諫早総合病院・長崎原爆病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

消化器内科の魅力は病態や疾患の幅広さです。進行癌や炎症性腸疾患のような長期的な治療を要する疾患から、消化管出血、閉塞性黄疸など緊急性の高い病態まで様々な疾患・病態の診断と治療を行います。また内視鏡検査は検診としてたくさんの受診者がいる中で専門性が求められます。活躍できる場所が多く、働き方も様々で、女性の先生たちが活躍しているのも魅力の一つだと思います。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

もともと手術や手技がある診療科に興味がありました。内視鏡をもたせてもらい、自分のやった検査がそのまま診断や治療に繋がることに面白みを感じました。内視鏡も上部・下部・側視鏡、エコーもあってどんどん新しい技術が開発されていて、手技の幅も最初思っていたよりも広かったです。そしてそれらを使いこなしている先輩方がかっこよく、医局の雰囲気もとても良かったです。

精神神経科 中西 美枝

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
嬉野医療センター、長崎大学病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

・グループ制で経験豊富な先生にいつでも相談でき、のびのびと研修できる。医局内に心理士さんや精神保健福祉士さんもおり、疑問点があればすぐ相談できる。
・若手の勉強会や医局内勉強会がある。自由な時間に勉強する環境や文献などがととのっている。
・子育て中の女医さんもおり、モデルケースがはっきりしている。
・入院~退院だけでなく、その後の社会生活にいたるまで患者さんの未来に寄り添うことができる素敵な科です。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

もともと興味はあったのですが、ポリクリのときにまわってみて、患者さんの世界観を同じ目線で見てみたいと思ったのが大きなきっかけです。また、似たような薬剤のそれぞれの特徴を生かした薬物療法や、患者さんの生まれてきてから今までの生活や考え方から患者さんの現状を診る、というということが興味深いと感じました。
 患者さんに生きることにやりがいを感じてほしいと思いながら毎日診療しています。

耳鼻咽喉科 高島 寿美恵

出身大学
長崎大学
卒後
5年目
初期研修病院
長崎大学病院、済生会長崎病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

中耳炎や扁桃炎、めまい、難聴や副鼻腔炎、頸部腫瘍など幅広い疾患を扱うので 子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の患者さんと接する事ができます。
また、初診~診断~手術~外来~終診まで一貫して自科で行えるところも魅力です。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

外来で診察した患者さんを自分で診断し、治療法を考えてマネージメントを行い、その後のフォロ-アップも含めて自分で責任を持って行える点に魅力を感じました。
耳鼻科領域の疾患はすぐに処置の必要な緊急性の高い疾患も多いため、診療には緊張感もありますが、一方で慢性的な疾患や経過の長い疾患も多く、患者さんと密接な関係を築くこともできます。
患者さんとの会話を楽しみながら診療ができる耳鼻咽喉医になりたいと思い進路を決めました。

救命救急センター 村橋 志門

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
済生会長崎病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

多発外傷や敗血症などの重篤な状態にある患者さんを治療する時は、各科と連携しつつ初期治療・根本治療・集中治療の全てにおいて中心的な役割を果たす医師が求められます。
救命救急センターでは集学的な治療を要する患者さんを多く担当しており、そうした場面で活躍できる医師を養成するのには最適な環境です。科だけではなく、職種を越えたコミュニケーションが重要となるのも、救急の特徴です。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

救急では失われつつある命を守るため「治療」「診断」を並行して行います。スピード感があり、かつロジカルな思考が要求される科です。そこで腕を振るいたいと思ったことが救急を選んだきっかけです。また元々、臓器横断的に診る医師になりたいと思っていた事も理由の1つです。
ですが何より、死の淵にある人に自分の持つ知識・技術を全て投じ元の生活に帰してあげたいという思いがある事こそが、救急を選んだ最大の理由です。

小児科 木下 麻莉子

出身大学
琉球大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎医療センター

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

最近、総合医という言葉を耳にします。小児科は以前から臓器別に偏ることなく総合医として子どもたちに医療を提供してきました。小児科の魅力はcommon diseaseから稀な疾患まで様々な分野の病気を診ることができることです。そして小児科の一番の魅力は子どもたちの笑顔と元気な姿です。病気で辛そうな様子の子どもたちが日ごとに元気になり笑顔で「ありがとう」「バイバイ」と言って帰っていく姿は日々の診療の疲れを癒してくれます。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

昔から子どもが大好きで、医学部に入学する前から子どもに関わる仕事をしたいと思っていました。学生での臨床実習や研修医の時には子どもたちの笑顔に癒され元気をもらっていました。その笑顔を守る仕事がしたいと思い小児科を選びました。でも一番の理由は子どものためなら辛いことやきついことも頑張れるというのが本音です。

泌尿器科・腎移植外科 近藤 翼

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎みなとメディカルセンター市民病院

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

みんな和気あいあいとしているところ。一番学年が下の僕が言うのもあれですが、いい意味で気を遣い過ぎることがない。科の性質上、手術や手技が多くon/offがはっきりしている。手技も結果がすぐわかるものが多く、わかりやすい。
泌尿器科といっても癌、移植、排尿機能、婦人、小児、感染症・・・と幅が広く学問的にも面白い。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

大学6年時のクリクラで泌尿器科を選択して以降、すごく良くしていただいたのがきっかけ。望月先生と並んで立ちしょん(立位排尿)しながら「一緒に働こう!」と誘っていただいたのが最後の決め手。
先輩方の手術を筆頭に診療をみていて、一生かかっても極めきれないと感じた。裏返せば一生飽きないと確信した。

皮膚科・アレルギー科 渡辺 千秋

出身大学
鹿児島大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎大学病院、長崎みなとメディカルセンター

Q.あなたの所属する診療科の魅力やお勧めポイントは何ですか?

・皮膚は、人体最大の臓器。唯一常に外界と接して身を守っている。
・患者さんは、老若男女。疾患も急性期から慢性期まで。
・皮膚を舞台に起こるのは、アレルギー、腫瘍、感染症、膠原病、免疫疾患、血管性病変、先天性疾患、代謝異常・・・と幅広く、奥深い。
・内科、外科の両方の面がある。手術の後は、病理もみて診断から治療まで。
・学んだスキンケアは、自分にも活かせる。

Q.あなたが所属する診療科を選んだ理由は何ですか?

・内科にも外科にも興味があった。
・サブスペシャリティーが幅広く、好きなものが見つかりそうだと思った。
・家庭との両立や、出産、子育て、定年後など、それぞれの働き方があり、多くのロールモデルがあった。

2016年度

内分泌代謝内科 酒匂 あやか

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
浜の町病院

地元福岡で初期研修を行い、長崎に戻りました。内科は総合医局で垣根を感じず気軽に相談でき、アットホームな雰囲気で大変働きやすいです。内分泌代謝内科は糖尿病や脂質異常症から、まれな内分泌疾患まで幅広く診療します。育児と仕事を両立されている先輩女性医師も多いのも魅力です。他科患者さんの血糖管理がうまくいったときにはやりがいを感じますし、内分泌疾患をパズルを解くように診断する過程は本当に楽しく日々充実しています。

移植・消化器外科 松隈 国仁

出身大学
宮崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
佐賀病院

出身は佐賀県、出身大学は宮崎大学です。長崎とは縁もゆかりもなかったのですが、第二外科では出身に関係なく平等に指導して頂いています。外科というと、きつい、厳しい、帰る時間も遅いなどネガティブなイメージがありますが、当医局はオンオフがはっきりしていて仕事が早く終われば早めに帰り、プライベートな時間もきちんと確保されています。診療においては、手術がうまくいって患者さんが歩いて帰る姿をみると本当に良かったなと心の底から感じることができます。長崎に来るまでは不安な事が多かったのですが、今では楽しく充実した日々を過ごしています。

整形外科 朝永 育

出身大学
川崎医科大学
卒後
3年目
初期研修病院
川崎医科大学病院

長崎大学整形外科は各分野のスペシャリストの先生方が丁寧に指導をしてくださります。また外傷センターが独立してあるため、整形外科として絶対に必要である骨折の知識をアカデミックに学ぶことができます。
専門分野、出身大学など垣根なく医局の雰囲気はとてもよいです。医局主体となり、野球、サッカー、バレー、バスケット、ゴルフなど様々な競技をみんなでできるのもスポーツ経験者が多い整形外科ならではの魅力ではないでしょうか。

産婦人科 永田 典子

出身大学
長崎大学
卒後
4年目
初期研修病院
長崎医療センター

赤ちゃん、妊婦さん、高齢者と女性の一生に携わることができます。周産期、悪性腫瘍、生殖内分泌、女性医学と幅広い分野があり、長崎大学病院ではそれぞれに力をそそいでいます。産婦人科に興味がある方は各分野でより深く学ぶことができると思います。また女性の診療に苦手意識がある方は一度研修でまわっておくと苦手意識を克服するチャンスになるかもしれません。熱心に教えてくれる先生がたくさんいるのも自慢です。

泌尿器科・腎移植外科 中村 裕一郎

出身大学
長崎大学
卒後
4年目
初期研修病院
長崎大学病院、長崎みなとメディカルセンター市民病院

マイナーで狭い分野を扱う科と思われがちですが、実は色々やってます。身近な排尿のトラブルから腎移植や最先端のロボット手術まで幅広く診療していますし、内科と外科両方できるのも魅力です。高齢化社会を迎える今、泌尿器科医のニーズはますます高まっています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 中尾 信裕

出身大学
長崎大学
卒後
5年目
初期研修病院
長崎大学病院、諫早総合病院

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は頸部以上の脳・眼球を除く顔面の全てを扱う科で幅広い専門領域に分かれます。患者層も小児から高齢者まで幅広い患者さんと接するため非常にやりがいのある診療科だと思います。内科ほど入局員の数は多くないため入局後も上の先輩から沢山声を掛けて頂いて手厚い指導を受けることが出来ます。また、若手医師の関西の病院への国内留学プランなども徐々に始動しています。僕も4月に諫早から大阪梅田に引っ越し、大阪赤十字病院で耳鼻咽喉科・頭頸部外科医として仕事・私生活とも刺激のある充実した日々を送っています。
とてもやりがいがあり面白い耳鼻咽喉科を皆さんにも自信をもってオススメします!ぜひ一緒に楽しく頑張りましょう!

精神神経科 冠地 信和

出身大学
長崎大学
卒後
4年目
初期研修病院
長崎大学病院

病長崎大学病院精神科は病棟全体が一致団結して治療に取り組んでいます。診療はグループ制で、方針を日々ディスカッションしながら診療に取り組んでいます。入局後は精神保健指定医、精神科専門医の取得を目指す医員が多いですが、基礎分野に進む人、内科で研修をする人など様々です。女性医師の出産や育児を医局全体で支えようというという方針から、育児休暇取得の奨励や当直免除、勤務時間の短縮など柔軟に対応しています。

病理診断科 唐田 博貴

出身大学
富山大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎大学病院

当科は今まさに発展中!新しく加わった技師や留学生、他科から協力しに来て下さる医師も多く、国際的・学際的な学びに溢れています。多様なスタイルから働き方を選んで専門性を磨いたり、留学や論文執筆など世界へつながるチャンスもゴロゴロしています。従来とは全く異なる病理を体験しに来て下さい!

小児科 吉岡 佐千佳

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎大学病院、済生会長崎病院

分野ごとに数グループに分かれて診療を行っています。小児科医は子どものジェネラリストであり、広い知識や経験が必要とされるため、研鑽を積む毎日ですが、とてもやりがいがあります。また医局全体で、学生やレジデントへの指導・教育も熱心な雰囲気です。修練医に対しては勉強会参加のための予定調整や、学会発表・論文作成のサポート等もしていただき、医局の先生方のご厚意にとても感謝しています。

形成外科 渡部 雅子

出身大学
島根大学
卒後
4年目
初期研修病院
松江赤十字病院

形成外科の魅力は、創をきれいに治すことです。対象とする部位、年齢、大きさが幅広く、機能面にも整容面にもこだわります。また、無いものや失ったものをつくりだす外科であることも、形成外科の特徴です。女性医師も多く楽しい医局なので、ぜひ一度、長崎大学形成外科に遊びに来て下さい!

脳神経外科 大園 恵介

出身大学
産業医科大学
卒後
4年目
初期研修病院
長崎大学病院

脳神経外科の魅力は、幅広い学術的な知識を習得できる環境でありながら、適度な休日がありプライベートも充実できる点です。脳血管疾患、腫瘍、脊髄疾患、小児疾患と多岐に渡る症例を経験でき、抄読会や海外留学など英語に触れる機会も多くあります。チーム制の病棟管理を行っているため、若手でも週末の休日を確保できる環境が整っています。

救命救急センター 上木 智博

出身大学
長崎大学
卒後
6年目
初期研修病院
上戸町病院

私の思う救急科の魅力についてはhttp://qqka-senmoni.com/407 よりご確認ください。
※『救急医をめざす君へ』で検索して頂けると、救急医療の「魅力」や「おすすめ」を十二分にご堪能頂けます。

麻酔科 岩崎 直也

出身大学
大分大学
卒後
4年目
初期研修病院
大分県立病院

長崎大学麻酔科では個々の患者さんの基礎疾患や手術状況に合わせて全身管理を行い、術後の臓器予後まで考えた周術期管理を実践しています。もちろん手術麻酔の知識やスキルを集中治療やペインクリニック、緩和ケア、救急医療で発揮することもできます。またパートタイマー制での勤務も可能で、多くのママさんが育児と両立させながら活躍しています。是非見学に来てください!当然ですが、出身大学による差別なんかありませんよ!笑

放射線科 大塚 哲洋

出身大学
長崎大学
卒後
3年目
初期研修病院
長崎大学病院、長崎みなとメディカルセンター市民病院

放射線医学は診断から治療まで幅広く対象としています。放射線診断は現代医学ではなくては始まらないほどに重要性が高い分野です。放射線治療も今後さらに高齢化社会を迎え、がん患者の増加や、医学の全体的な流れとして、より低侵襲的な治療への移行が加速すると考えられ、放射線科医がますます必要となってくるものと思われます。