文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
センター紹介

ご挨拶

ながさき地域医療人材支援センター長
髙山隼人

長崎県は、全国一の離島の数と北海道に次ぐ海岸線の長さを有し、美しい自然のある県です。しかし、医療を行う環境は、海による隔たり、リアス式海岸による長距離の移動など厳しい状況にあります。 このような中、長崎県は施策として、昭和43年に離島医療圏組合を設立し、昭和45年に医師養成のため医学修学資金貸与制度を創設、昭和53年から養成医の離島派遣を開始し、離島医療の向上に努めていました。まだまだ、医師の偏在や医師不足を解消できていないのが現状です。そこで、診療所や病院などを総合的に支援するために平成24年に「ながさき地域医療人材支援センター」が設立されました。

センターの事業として、
① 医師不足状況の把握・分析
② 医療支援の相談
③ 医師のキャリア形成支援
④ 医師確保のための情報発信
などを行っております。
平成28年4月より拠点を長崎大学病院に移し、長崎県・大学病院及び地域が協働して様々な支援を行っています。
また、平成29年度からは、新たに医師確保の目的で「新専門医制度に対応した専攻医確保事業」や「地域医療継続支援事業」を開始し、多面的に長崎県内への医師の勧誘活動を行います。

長崎県の離島・へき地は、予防医学から地域ケアまでを包括した医療を実践することができ、行政も交えた多職種によるチーム医療や研究を行うことができる環境があります。特に、長崎県の離島の高齢化に対する医療対策は、今後の日本のモデルになると考えます。

地域医療・離島医療に興味を持つ皆さんをお待ちしています。