文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
キャリア形成支援

長崎大学病院整形外科専門研修プログラム

更新情報 2017.02.10 長崎大学病院整形外科「卒後10年目の医師の声」を更新しました!

プログラムの特徴

  • 圧倒的な症例数
  • 多彩な専門医(あらゆるサブスペシャルティに対応できる)
  • 研修プログラムを終えた後にも様々な選択肢がある

指導医の声

助教・宮田 倫明

 長崎は気候が良く、食事も美味しく、観光名所も多いです。そのためか医療関係者や患者さんも穏やかな人が多いです。長崎は江戸時代の鎖国の時も、唯一外国に開かれた街です。私達は出身大学に関わらず専攻医を受け入れます。長崎大学病院及び連携施設で圧倒的な症例数を経験できます。また様々なサブスペシャルティを持った指導医からの指導を受けられます。  研修終了後もたくさんの選択肢から希望に沿った進路指導を行います。是非私達と一緒に楽しく働きましょう。

卒後10年目の先輩医師の声

野村 賢太郎 先生(卒後10年目)

Q1.後期10年のキャリアの概要
卒後1~2年目:長崎原爆病院→卒後3年目:長崎大学病院→卒後4年目:長崎市民病院→卒後5年目:長崎労災病院→卒後6年目:済生会長崎病院→卒後7~8年目:長崎県島原病院→卒後9年目:五島中央病院→卒後10年目:長崎大学病院

Q2.これまでに修得した資格・現在修得を目指している資格について
卒後7年目:整形外科専門医

Q3.専攻科を選んだ理由について
研修医の時に救急に興味がありましたが、救急外来で診る患者さんを診るためには整形外科疾患の知識が必要だと感じました。そんな中で整形外科をもう少し勉強したくて整形外科を研修で選択してみたのがきっかけです。実際に整形外科の診療に触れてみると骨折や変性疾患の一つ一つが考えれば考えるほど深く、手術も面白い診療科だということが分かってきました。整形外科の先輩の先生方も楽しく指導していただき一生の仕事としてやりがいがある仕事だと感じて選びました。

Q4.研修医に対するアドバイス
整形外科は体力勝負だとかスポーツ好きな先生ばかりだとかそんなイメージがありますが、そんなことはありません。私はスポーツするのも見るのも大嫌いです。スポーツ嫌いな人は是非整形外科へ!(スポーツ好きでも全く問題ありません。)人工関節、外傷、脊椎、鏡視下手術、スポーツ、腫瘍、手の外科などなど・・・こんなに幅広く全身をみて、いろいろなことができる科はなかなかないと思います。奥が深くてやりがいがあり、興味が持てる分野が絶対にあります。是非一緒に頑張りましょう!

研修コース

 長崎大学病院整形外科の専門研修施設群の各施設の特徴(脊椎外科、関節外科、スポーツ医学、手外科、外傷、腫瘍)に基づいた総合研修コースの例を示します。総合研修コースは、各専攻医の希望を考慮し、個々のプログラムの内容や基幹施設・連携施設のいずれの施設からの開始に対しても対応できるような研修コースを作成しています。総合コースにおいては、流動単位の8単位については、必須単位取得後にさらなる経験が必要と考えられる分野を、より深く研修できるよう選択します。

コース例)総合研修コース

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年 スポーツ
長崎大学病院
脊椎・脊髄
長崎大学病院
リウマチ
長崎大学病院
外傷
長崎大学病院
2年 小児整形
長崎県立こども医療
福祉センター
リハビリ
長崎県立こども医療
福祉センター
上肢・手
市立大村市民病院
地域医療
市立大村市民病院
3年 下肢
長崎医療センター
外傷
長崎医療センター
腫瘍
長崎医療センター
4年 上肢・手
長崎大学病院
脊椎・脊髄
長崎大学病院
選択
長崎大学病院

また、将来希望するサブスペシャリティ分野の重点的に研修する専門分野特化コースを選択することも可能です。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年 脊椎・脊髄
長崎大学病院
スポーツ
長崎大学病院
小児整形
長崎大学病院
腫瘍
長崎大学病院
外傷
長崎大学病院
2年 地域医療
嬉野医療センター
下肢
嬉野医療センター
リウマチ
嬉野医療センター
外傷
嬉野医療センター
3年 上肢・手
長崎労災病院
脊椎・脊髄
長崎労災病院
下肢
長崎労災病院
4年 外傷
長崎労災病院
リハビリ
長崎労災病院
脊椎・脊髄
長崎労災病院

連携施設(22施設)

長崎みなとメディカルセンター、長崎原爆病院、三菱重工長崎造船所病院、国立病院機構長崎病院、済生会長崎病院、聖フランシスコ病院、地域医療機能推進機構諫早総合病院、こども医療福祉センター、上五島病院、長崎労災病院、佐世保市立総合病院、長崎医療センター、大村市民病院、長崎県島原病院、嬉野医療センター、国立病院機構佐賀病院、大分県立病院、愛野記念病院、五島中央病院、長崎百合野病院、和仁会病院、長崎記念病院

専門研修指導医数

・【基幹施設】16名 【連携施設】49名(平成28年1月20日現在)

プログラム募集要項

・募集人数:制限なし
・選考方法:書類選考(簡単な面談あり)
・処遇:当院規程による(詳細は長崎大学病院医療教育開発センターHPにてご確認ください)

問い合わせ先

長崎大学病院 医療教育開発センター(http://www.mh.nagasaki-u.ac.jp/kaihatu/)
〒852-8501 長崎県長崎市坂本1-7-1
TEL:095-819-7881 FAX:095-819-7882
Email:kaihatsu@ml.nagasaki-u.ac.jp