文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
医師募集情報

公立新小浜病院[島原][急募]

募集要項
募集医師数 呼吸器内科医1名・循環器内科医1名・神経内科医1名・一般外科医1名
整形外科医1名・脳神経外科医1名
募集コメント 平成32年度開院を目途に病院の建設更新事務を進めています。
常勤医師不足及び医師の高齢化が著しく、早急に対策を講じる必要が求められています。島原半島の二次救急医療病院として地域医療を支えていただける医師を募集します。また、介護に必要なPT、OT、ST、栄養士、ソウシャルワーカー等の人材確保により医療から介護の医療設備及び環境整備は整っていますので脳外科医、整形外科医に常勤医師として勤務いただき地域に信頼される病院を目指します。
新病院開院に向け透析業務を行うことが決定いたしました。それと併せ呼吸器内科、循環器内科の充実を図ってまいります。
よろしくお願いいたします。
採用予定年月 随  時
年 齢 原則65歳まで(65歳を超えた方も応談可)
給 与 医師の給与規程によります。(固定年俸制12か月払い)
例:40歳(15年目専門医、職位:医長・当直手当1回/週)1,428,000円/月額
固定給  年額(17,136,000円+3,000,000円=20,136,000円)
例:50歳(20年目指導医、職位:部長・当直1回/週)1,673,000円/月額
年額(20,076,000円+3,000,000円=23,076,000円) 
※その他役職に応じた手当あり
移転費用 協議に応じます。
医師住宅 医師住宅   有  (自己負担  有   35,000円/月)
築15年  (3LDK/90㎡)
施設概要
医療機関所在地 長崎県雲仙市小浜町南本町93番地
開 設 者 雲仙・南島原保健組合  管理者 金澤 秀三郎
病院の運営 指定管理者 医療法人社団 苑田会 理事長 苑田一郎
病 床 数 150床(一般90床、療養60床)
診療科目 内科、神経内科、精神科、呼吸器科、消化器内科、循環器内科
外科、消化器外科、形成外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科
リハビリテーション科、放射線科、腎臓内科
医師定数 定めなし  
現在の医師数 常勤10名、非常勤11名  21名体制
職 員 数 看護師106名(看護職)
医療技術職51(薬剤師3、放射線技師5、検査技師5、臨床工学技士3、
リハビリ部門35)
その他63(栄養士3、医療社会従事者4、診療録監理士3、介護福祉士18、
医療事務16、一般事務12、薬剤補助3、施設管理2、保母2、)
計220名(非常勤は除く)
診療日・診療時間 月曜日~土曜日 9時00分~17時00分
休日・休暇 日曜日・祝日・年末年始(ただし、日直・宿直有) 4週8休制 
有給休暇有
平均患者数 平成28年度実績 入院患者:132人/日、外来患者:128人/日
平成27年度実績 入院患者:139人/日、外来患者:125人/日
主な医療設備 MRI・CT・一般撮影装置・CR・血管撮影装置・DR、経鼻内視鏡
地域の状況 長崎県島原半島の西部地区に位置し二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受けいれています。人口は平成22年をピークに減少を続けています。平成27年(4月1日付け)の島原半島二次医療圏の人口は、雲仙市44,526人、南島原市46,887人、島原市44,928人、計136,341人です。10年後の平成37年の予測人口は、雲仙市39,281人、南島原市40,239人、島原市39,805人、計119,325人(△12.5%)と予想されている。少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められている。
交 通 手 段 長崎空港から車で1時間20分・JR諫早駅から車で40分
開設者からのコメント、PR等 国から国立病院の移譲を受け、雲仙市と南島原市を開設者とする公設民営病院です。現在、指定管理者制度で病院の運営管理を行っており、地域の中核病院として一般病床90床、回復期60床を有し地域医療を担っています。
長崎県の南部、島原半島の西南部に位置しており、お山は雲仙温泉、海は最後に夕日が沈む小浜温泉があり、おいしい空気・山・海の幸に恵まれた風光明媚なところです。
アクセスマップ