文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
医師募集情報

検索結果

3件の記事がヒットしました。

対馬市立いづはら診療所[対馬][急募]
募集要項
募集医師数 1名(内科、外科又は小児科等)
募集コメント いづはら診療所は「在宅療養支援診療所」として平成28年6月に開院した診療所です。8月末で医師1名退職のため、総合医として対馬の「しま暮らし」をしながら在宅診療にも貢献して下さる医師を募集します。
採用予定年月 平成30年9月から随時
年 齢 65歳まで
給 与 対馬市直営診療施設医師の給与、勤務時間その他の勤務条件及び旅費支給条例による
医師免許取得後10年目標準年俸 約1,730万円(諸手当を含む)
定期昇給制度;有、退職金制度:有
移転費用 赴任旅費:有
医師住宅 有(家賃は無料、光熱水費は自己負担)
施設概要
開 設 者 対馬市長
病 床 数 なし
診療科目 内科、整形外科
医師定数 常勤医師2名
現在の医師数 常勤医師2名、非常勤医師1名
職 員 数 常勤医師2名、非常勤医師1名、看護師2名、嘱託看護師2名、嘱託医療事務2名、事務職1名
診療日・診療時間 月曜日~金曜日(週5日)8:30~17:15
休日・休暇 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日から翌年1月3日)
平均患者数 1日平均19名
【平成29年度実績】(来診患者数4,182人、往診患者数248人)
主な医療設備 電子カルテシステム、X線撮影装置、心電計、自動血球計数CRP測定装置、生化学自動分析装置、グリコヘモグロビン分析装置、能動型自動間欠牽引装置、ウォーターベッド型マッサージ機、超音波診断装置画像システム、除細動器など。
地域の状況

対馬は九州の北方の玄界灘にある九州本土から約132㎞、朝鮮半島へは49.5㎞の距離にある長崎県に属する島です。形状は南北82㎞、東西18㎞と細長く面積は約708㎢で日本の島では第3位の広さです。
対馬は山林が面積の89%を占め、また島の中央部の浅茅湾はリアス式海岸で壱岐対馬国定公園に指定された自然豊かな島です。
気候は、海に囲まれ対馬暖流の影響を受け温暖で雨が多い海洋性の気候です。
対馬は、地理的条件から大陸との交流の窓口として栄え、大陸の文化や技術を日本に伝える中継地として日本の外交に大きな役割を果たしてきました。
朝鮮半島との友好な交流の歴史のなか、対馬市と韓国釜山の定期航路が結ばれるなど、韓国との経済交流や文化交流がますます盛んに行われております。また、2017年には朝鮮通信使行列の資料の数々が世界記憶遺産(ユネスコ)に登録されました。
少子高齢化、人口減少など過疎化による地域活力の減少するなか、豊かな自然の中で安心安全に暮らし続けることができる「まちづくりの実現」を目指し地域包括ケアシステムの構築に向け積極的に取り組んでおります。

対馬市は、平成16年3月に旧6町が合併して誕生しました。
●人  口 31,114人(平成30年5月末現在)
●主な産業 水産業・農業・観光

交 通 手 段 対馬空港から車で約20分
厳原港から徒歩で12分
厳原バス停から車で3分
開設者からのコメント、PR等

診療所では通常の診療や治療に併せて、患者さんが住み慣れた地域で安心して療養生活が送れるよう在宅医療や訪問診療の提供も行いながら、ご本人やそのご家族の求めに応じ24時間の連絡体制が可能な体制を確保いたしております。
在宅医療を推進する拠点診療所としての役割を担うために対馬病院や対馬市内の医院や診療所及び介護保険事業所との連携・協働・活用を図りながら患者さまの立場に立って診療を行っております。

【基本理念】
地域とのふれあいを大切にし、地域と連携できる包括診療の実践
【基本方針】
  1. 地域における在宅療養支援診療所として医療水準の向上に努め、患者中心の医療サービスを提供します。
  2. 保健・医療・福祉関係機関との連携を図り健康増進、疾病予防、治療、リハビリまでの地域医療サービスの提供に努めます。
アクセスマップ
長崎県対馬病院[対馬][急募]
募集要項
募集医師数 1名:放射線科
募集コメント 国境の島「対馬」で働いてみませんか?
地域医療に興味があり、且つ熱意のある医師を募集しています。
採用予定年月 随時
年 齢 正規職員 64歳以下、嘱託職員 不問
給 与 ※正規職員(地方公務員)の場合
【給料+職務手当+離島診療手当+賞与】
〇医師免許取得後 10年目標準年俸 約1,663万円
〇医師免許取得後 20年目標準年俸 約1,820万円
・時間外勤務手当、宿日直手当等は、勤務実績に応じて支給されます。
・扶養、住居、通勤、単身赴任手当等は支給要件に該当する場合に支給されます。
〇賞与支給制度:有、定期昇給制度:有、退職金制度:有
移転費用 赴任旅費:有
医師住宅 医師住宅:有(自己負担:有)、築年数:3年
施設概要
医療機関所在地 長崎県対馬市美津島町雞知乙1168番7
開 設 者 長崎県病院企業団 企業長 米倉 正大 (長崎大学卒)
院長 川上 眞寿弘 (長崎大学卒)
病 床 数 275床(一般222床、精神45床、結核4床、感染4床)
診療科目 内科、精神科、神経内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、
人工透析内科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、
皮膚科、泌尿器科、腫瘍内科、腫瘍外科、緩和ケア放射線科、産婦人科、
眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、臨床検査科、
麻酔科、救急科
医師定数 35名
現在の医師数 35名(正規職員:32名、嘱託職員3名)
職 員 数 看護師:215名(看護職)
医療技術職:64名(薬剤師、診療放射線技師、理学療法士など)
その他:146名(看護助手、技師助手、事務職員など)
※医師除く計:425名
診療日・診療時間 月曜日 ~ 金曜日 週5日 8時30分~17時15分
休日・休暇 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(ただし、日直の場合も有)
有給休暇有(1年目15日、2年目以降20日)
平均患者数 平成29年度実績 入院患者:213.2人/日、外来患者:707.8人/日
平成28年度実績 入院患者:223.7人/日、外来患者:717.6人/日
主な医療設備 放射線治療装置(リニアック):1台、MRI(1.5T):1台
CT(64列128スライス、80列160スライス):計2台
血管撮影装置(DSA):1台 、乳房撮影装置:1台
骨密度測定装置:1台  、電子カルテ(シーエスアイ:MIRAIs)
地域の状況 対馬は、日本の中で朝鮮半島に最も近いという地理的条件から、古くからユーラシア大陸と日本列島の架け橋として文化的・経済的な役割を担ってきました。また、対馬は山林が面積の89%を占める自然豊かな島です。人口は、1960年(昭和35年)の69,556人をピークに急速に人口減少が進行しており現在では、人口31,054人(平成30年3月末)です。近年は高速フェリーの導入や韓国人への短期ビザ免除等で韓国釜山経由の観光客が急増し、年間30万人を超える勢いで、国際色豊かな島でもあります。
交 通 手 段 【空路】
福岡空港から対馬空港まで30分
長崎空港から対馬空港まで35分
対馬空港から対馬病院まで車で5分
【海路】
博多港から厳原港まで高速船で2時間、フェリーで5時間、
厳原港から対馬病院まで車で20分
開設者からのコメント、PR等 長崎県対馬病院は、長崎県対馬いづはら病院と長崎県中対馬病院による再編統合に伴い対馬市美津島町に新築移転し、平成27年5月17日に開院しました。
対馬病院では放射線治療装置(リニアック)が導入され、がんの放射線治療・疼痛緩和治療が行えるようになりました。
長崎県の離島では初めての導入となった放射線治療装置(リニアック)ですが、がんの放射線治療・疼痛緩和治療の件数が徐々に増えてきております。
入院に関しましては、急性期疾患のみならず、慢性期やリハビリの患者様や在宅療養の準備段階の患者様、在宅療養中に状態の悪化された患者様などへの対応も行っています。
少子高齢化、さらに過疎化・限界集落の増加する対馬で、地域医療を通じて、対馬の皆様が「泣きながら生まれ、健やかに育ち、朗らかに働き、穏やかに老いて、安らかに人生を終えること」ができるよう職員一同、日々努力しています。 
アクセスマップ
長崎県上対馬病院[対馬][急募]
募集要項
募集医師数 2名
内科と整形外科 各1名
募集コメント 地域医療に関心がある方
採用予定年月 随時
年 齢 不問
給 与 長崎県病院企業団の医師の給与条例による
(例:免許取得10年、子供2人の場合  約2,014万円)
移転費用 長崎県病院企業団の旅費規程による
(例:長崎県大村市から移転の場合、家族4人の場合  約35万円)
医師住宅 医師住宅 有(4DK 月額 20,600円)
築32年(平成24年に内外リフォーム済み)
施設概要
医療機関所在地 〒817-1701 
長崎県対馬市上対馬町比田勝630番地
開 設 者 長崎県病院企業団 企業長 米食 正大(長崎大学医学部卒)
院長 立花 一憲(北里大学医学部出身)
病 床 数 一般60床
診療科目 内科、外科、小児科、整形外科、産婦人科、精神科、神経内科、眼科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、皮膚科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科
医師定数 6名
現在の医師数 常勤 4名、非常勤 0名
ただし、月30回程度の診療応援あり
職 員 数 看護師 43名(看護職)
医療技術職(薬剤師、放射線技師、検査技師、理学療法士 など)
その他(栄養士、業務員、事務職員 など)        計104名
診療日・診療時間 月曜日~金曜日 週5日
8時30分~ 17時15分
休日・休暇 土曜日・日曜日・祭日・年末年始(ただし、日直の場合も有)
有給休暇有
平均患者数 平成29年度実績 入院患者:43.6人/日、外来患者:120.5人/日
平成28年度実績 入院患者:42.1人/日、外来患者:125.3人/日
主な医療設備 64列CT(TOSHIBA Aquilion CXL Edition)
地域の状況 島の人口:31,000人、島の面積:709㎢、島の周囲:915㎞
地域の通院対象人口:7,000人
交 通 手 段 対馬空港(ANA・ORC)から車で80分
厳原港(高速船)から車で90分
比田勝港(博多海陸フェリー)から車で5分
開設者からのコメント、PR等 【医療機関の位置づけ】
当院は対馬北部地域の1次医療から救急医療、急性期から慢性期にわたる医療を担っています。また、在宅医療に力を入れており、訪問看護ステーション、訪問リハビリテーション、通所デイケアを併設し、地域に密着した医療を展開しています。さらに、透析治療の充実や特別診療科の応援体制強化、地域老健施設との連携、長崎、福岡の救急病院との連携など、患者様をしっかりとサポートする体制をとっています。
【本土からの位置】
対馬は日本で3番目に面積の大きな大離島です。日本と韓国に挟まれた海峡の中にあり、韓国からは約50㎞、福岡からは約100㎞ほどの位置にあります。島は南北に細長く、南端から北端までは車で2時間以上かかります。
【島の魅力(観光、産業)】
対馬の最北に位置する上対馬町は日本で一番韓国に近い場所で、条件がよければ、韓国の島々や釜山の夜景を肉眼で見ることが出来ます。また、日本の渚百選に選ばれた「三宇田浜」や韓国展望台など観光地も多数あります。春は「ひとつばたご」の花が咲き、新緑の季節は実にあざやかな緑で山々を覆い尽くします。秋の紅葉は「もみじ祭り」が開かれるほどで観光の目玉でもあります。魚介類も豊富で、特に「対馬黄金アナゴ」や、養殖マグロの「トロの華」は有名です。
その他、B-1グランプリで2度の準優勝に輝いた焼き肉料理「上対馬とんちゃん」や、その昔、参勤交代を終えた藩主を迎えるために考案された和菓子といわれる「かすまき」は対馬の名産です。
アクセスマップ