文字サイズ
  • 通常
  • 大
  • 特大
医師募集情報

公益社団法人地域医療振興協会 市立大村市民病院[大村市][急募]

募集要項
募集医師数 若干名
(診療科目:総合内科、消化器内科、呼吸器内科、神経内科、眼科等)
募集コメント 急性期から回復期、維持期までの疾患の治療・管理はもとより、予防医学としての健診事業にも力を注いでいます。基幹型臨床研修指定病院として医師の教育にも寄与しています。                            当協会のコンセプトの1つである離島医療の支援も積極的に行っています。
採用予定年月 平成30年4月1日以降 随時
年 齢 不問
給 与 年俸制:(例)
5年目 6,800,000+諸手当      年間 8,350,000円程度
10年目10,400,000+諸手当     年間12,080,000円程度
15年目13,900,000+諸手当     年間15,600,000円程度
当院規程による(年間金額については、諸手当により変動する)
諸手当:家族手当、住宅手当、通勤手当、超過勤務手当、宿日直手当、緊急診療手当等
移転費用 移転費用補助有(旅費規程に準ずる)
医師住宅 医師住宅:無
施設概要
医療機関所在地 長崎県大村市古賀島町133-22
開 設 者 大村市長 園田 裕史
病 床 数 216床(一般  212床 、感染  4床)
診療科目 内科、呼吸器内科、腎臓内科、消化器内科、神経内科、感染症内科、
循環器内科、小児科、外科、整形外科、心臓血管外科、婦人科、眼科、
耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、皮膚科、泌尿器科、
精神科、救急科、歯科口腔外科、麻酔科        22診療科
医師定数 定数設定無
現在の医師数 44名体制  (常勤:34名、非常勤:10名)
職 員 数 看護師:181人
医療技術部(薬剤師:7人、診療放射線技師:9人、臨床検査技師:14人
臨床工学技士:6人、理学療法士:24人、作業療法士:19人
言語聴覚士:6人、管理栄養士:4人)
その他:92人
合計 406人
診療日・診療時間 月~金曜日 8時30分~17時15分(救急外来は24時間365日)
休日・休暇 土日祝
平均患者数 平成29年度実績 入院患者198.0人/日、外来患者:329.0人/日
 

平成28年度実績 入院患者188.4人/日、外来患者:324.8人/日
主な医療設備 MRI 血管造影装置
地域の状況 ・大村市の人口は約94,000人で、県内13市で唯一人口が増加しています。
・救急医療体制については、1次から3次まで幅広く患者さんを受け入れて
います。特に3次救急患者さんに関しましては、症状に応じて長崎医療セ
ンター及び救急隊と連携をとりながら、必要に応じた救急対応を行ってい
ます。また、2次までの救急患者さんに関しては、専門医と総合医が協力
し対応しています。なお、日当直体制では、内科・外科系及び循環器系で
救急体制を整えています。
現在、内科・外科系の日当直体制は、内科医師が火曜日・木曜日・土曜日
の当直帯及び土曜日・日曜日の日直帯、外科系医師が月曜日・水曜日・金
曜日・日曜日の当直帯に救急対応を行っています。
また、大村市夜間初期診療事業(内科系・小児科)に参画しています。
交 通 手 段 JR大村駅よりバスで約10分
大村ICより車で約5分
開設者からのコメント、PR等 急性期病院で、大村市唯一の二次医療機関です。救急医療についても二次救急を担っています。緊急の大血管手術やバイパス手術も行っており,長崎県内外から高い評価を受けています。
ハイケアユニットから地域包括ケア・回復期リハ病棟まで有しており、地域の皆様に対して急性期から回復期まで切れ目のない医療、充実したリハサービスを提供できる体制が整っております。
平成29年度より新病院にて診療を開始しております。
アクセスマップ